AGA治療の病院•クリニック比較

AGAクリニック比較サイト

AGA治療のためのクリニックやHARG治療が受けられる病院などを解説しています。

頭皮を切らない植毛法ってちゃんと髪は生え揃うの?

読了までの目安時間:約 3分

切らない植毛

植毛で切らないタイプの手術方法が登場し、業界内でも非常に注目を集めています。

 

従来の植毛は後頭部にメスを入れ、ドナーと呼ばれる移植用の髪の毛を採取しなければなりませんでした。

 

当然縫合した後、線上の傷が残ってしまいます。

 

最新技術を駆使して特殊な縫い方をすれば傷痕にも再び毛を生やすことは可能ですし、発毛がストップしてしまった傷痕部分に移植する手術を行う美容皮膚科もあります。

 

いずれにしても、傷痕は縫合法植毛の大きなネックであることは間違いありませんが、切らない自毛植毛術、FUE法ではメスではなく非常に細いパンチを使用して毛根をくり抜きます。

 

直径約1mm程度の白っぽい丸い傷が施術範囲に点在することになりますが、横長の細長い線状の傷と比較すれば全然目立ちません

 

 
傷の周りの髪の毛が大体1cmもあれば、自然に誤魔化すことができます。

 

最新のFUE法以外にも、自毛植毛にはFUT法、フラップ法、単一植毛法など様々な植毛方法が存在します。

 

現在特に評価されているのがメスを使用するFUT法と、切らないFUE法の2種類です。

 

FUE法は本当に優れた植毛技術ですが、残念なことにまだパーフェクトとは言うことができません。

 

FUE法が抱えるネック、それはドナーを採取する為にパンチでくり抜く時に貴重な髪の毛根部分にダメージを与えてしまう確率が高いことです。

 

後頭部に傷痕が残ってしまうFUT法は術後の定着率も高く、毛根を温存したい方には最適です。

 

あえて切らないFUE法より切るFUT法を選択する患者さんも、まだまだ少なくありません。

 

植毛最新技術のヒュエルス植毛の魅力とメリットとは?

読了までの目安時間:約 3分

植毛の最新技術

植毛の最新技術、FUE法ことヒュエルス植毛と従来のメスを使うFUT植毛の違いを比べてみましょう。

 

ヒュエルス植毛とFUT植毛の最大の違いは、傷痕です。

 

メスを使用するFUT植毛は、後頭部と即頭部に誤魔化しにくいライン状に傷痕が残ってしまい、術後スキンヘッドや髪を短くすると線状の痕が目立ってしまいます。

 

ただし、最近はトリコフィティック縫合法と言う傷痕をくっきり残さない為の縫合法も登場しています。

 

FUT植毛を受ける場合は、そういった最先端治療を受けてできるだけデメリットを軽減しましょう。

 

極細のチューブパンチで健康なドナーを1株ずつ採取するヒュエルス法も、約1mmの白味を帯びた丸い傷痕が残りますが、カバーしやすくそう目立つものではありません。

 

術後の痛みもヒュエルス法はほとんどありませんが、ドナーを採取する為に皮膚を大幅に切り取るFUT植毛は術後回復するまで強い痛みに耐えなければなりません。

 

 
ただしヒュエルス植毛は施術するドクター、クリニックの設備、技術によって毛根の切断率が左右されます。

 

ヒュエルス植毛はFUT植毛よりも毛根を傷つけてしまう確率が高い点が弱点として指摘されています。

 

唯一残されている貴重な髪をキープする為にも、もしヒュエルス植毛に挑戦する時は施術するクリニックを慎重に選ぶ必要があります。

 

ヒュエルス植毛が向いているのは、いわゆるプチ植毛と呼ばれる狭い範囲の植毛ですから、条件次第ではヒュエルス植毛と従来のFUT植毛を組み合わせて手術してくれるクリニックだと安心です。

 

よく読まれている人気記事

Sorry. No data so far.

カテゴリー