AGA治療の病院•クリニック比較

AGAクリニック比較サイト

AGA治療のためのクリニックやHARG治療が受けられる病院などを解説しています。

植毛で生じる3つの弊害とは?

読了までの目安時間:約 3分

植毛の弊害

植毛の弊害になるのは費用の問題傷跡の問題ダウンタイムの長さでしょうか。

 

植毛と言っても人工毛植毛と自毛植毛ではメリット、デメリットがまるで異なりますが、最高の植毛法と評価される最新自毛植毛も弱点がまったくないわけではありません。

 

髪を植える範囲にもよりますが、切らない自毛植毛FUE法の場合たった100株植毛しただけで最低でも50万円はかかります。

 

しかも、密度を高めて自然なふさふさ状態にする為には何度か植毛手術を行う必要があります

 

経済的な余裕がないとトライすることが難しい薄毛治療方法であることは間違いありませ

 

また、メスを使わない切らない植毛方法でも傷跡がまったく残らないわけではありませんし、安定するまでに術後2週間程度油断できない状態で過ごさなければなりません。

 

植毛の効果を心の底から実感するまでに、早くても半年遅ければ1年近くかかることも、植毛の弊害になっている筈です。

 

 
仕事をちょくちょく休んだり突然頭皮が部分的に薄くなったり、「何かやっている」ことが周りにばれやすいのも植毛のネックです。

 

そもそも髪の毛を移し替える為のふさふさした部分がなければ、植毛を成立させることはできません。

 

いわゆるつるっぱげに近い状態の方だと、この薄毛治療方法は最初から選択肢から外れてしまうことになります。

 

もちろん、成功すれば自毛と同じように白髪が増えますし年齢を重ねるにつれてより自然に仕上がります。

 

手術が成功すればメンテナンスの必要もありませんし、カツラのように外れる心配もなくストレスフリーの生活を送ることができる点も最大の魅力です。

 

よく読まれている人気記事
カテゴリー