植毛 プロペシア

AGAクリニック比較サイト

AGA治療のためのクリニックやHARG治療が受けられる病院などを解説しています。

植毛後にもプロペシアは飲み続けた方がいいのか?

読了までの目安時間:約 3分

植毛 プロペシア

プロペシアが世の中に出てからしばらく経ちますが、いまだに多くの人達に愛用されています。

 

実際に効果を発揮する育毛剤としては、プロペシアやミノキシジル配合の育毛剤が医師からも認められています。

 

ですから、植毛を行った後にも、健康な髪の毛をキープするためにプロペシアを飲み続ける事を勧めるクリニックが多いようです。

 

プロペシアを飲み続けなければいけないかということに関しては、植毛を行うクリニックによって意見が異なってきます。

 

 

男性ホルモンの影響を受けにくい毛根を移植しているわけですから、プロペシアを飲む必要がないと考える医師もいますし、周りの毛とのバランスを考えてプロペシアを飲んだ方が良いと判断する医師もいます

 

 
患者と医師は信頼関係がなければいけませんから、自分が通っているクリニックの医師の指示に従うのが一番良いでしょう。

 

 

どの育毛剤に効果があるのかということは、その人の頭皮の状態によっても変わってきます。

 

せっかく植毛して維持費がかからないと思っていたのに、プロペシアを毎月飲まなければいけないということでがっかりしてしまう人もいます。

 

 
植毛を受ける前には、その後も育毛剤を使用しなければいけないかどうかということについて確認しておきましょう。

 

プロペが必要がないという判断であれば、ランニングコストが非常に安くなりますので、多少高い料金を払ったとしても、植毛は長い目で見ると安くて効果の高い手段と判断することができます。

 

HARG治療×プロペシアのセットは発毛に効果的?

読了までの目安時間:約 3分

HARGプロペシア

HARGもプロペシアも医療機関でしか施術を許されていない薄毛治療方法ですが、現在副作用もなく女性の薄毛にも効果的なHARG療法に軍配が上がっている状況です。

 

男性型脱毛症の治療法として有名なAGA治療で使われるプロペシアは、HARG療法同様薄毛に対する有効性が科学的に認められていますし、病院で処方して貰うので安心感も高い薬剤です。

 

事前にAGA遺伝子検査を受け有効性を判定することもできますし、抜け毛を食い止める作用に優れています。

 

ただし、副作用がなく男性、女性のどんなタイプの薄毛にも効果を発揮するHARG療法とは異なり、プロペシアは深刻な副作用を伴う可能性がある為女性の服用はタブーとされています。

 

また、1か月に1回、合計6回で1クールの治療プログラムを受けた後は定期的にメンテナンスを受けたり経過を観察するだけでOKのHARG療法とは異なり、プロペシアの場合、毎日飲み続ける必要がありますし、服用をストップすれば再び薄毛が進行してしまいます。

 

 
遺伝子検査を受けて男性型脱毛症だと判定されればプロペシアを使ったAGA治療にトライする価値はありますが、効果が限定されますので万人受けする薄毛治療方法とは言えません。

 

妊娠中の女性が服用すると胎児に障害が生じる可能性がある程副作用リスクが強い薬を、毎日継続して飲み続けることに対して抵抗感を覚える方も多いようです。単純に「面倒」なんて意見も。

 

ちなみにプロペシアの値段は1錠大体300円前後なので、薬代だけでも1週間に2,100円、1か月で9,000円、1年間で108,000円かかります。更に高齢になると効き目が弱くなる恐れがある点も不安要素です。

 

AGAクリニックと皮膚科のどっちがいい?

読了までの目安時間:約 3分

AGAクリニックと皮膚科

AGA治療には一般的に2つの治療があります。一つは、皮膚科や内科系の病院で、もう一つが美容系クリニックやAGAクリニックです。

 

ただし、一般的な皮膚科や内科のある病院ならどこでもAGA治療を受診できるわけではありません。

 

全ての病院がAGAの診療に対応しているわけではないので、ネットで調べたり近くの病院に一度AGA治療の診察や処方をやっているかどうかを聞いてみるといいかもしれません。

 

 

皮膚科とAGAクリニックの違いとは?

 

一般のAGA治療の対応をしている皮膚科や内科の場合は、AGA治療薬のプロペシアが約1ヵ月分処方されることが一般的です。

 

美容クリニックやAGA専門のクリニックの場合は、プロペシアの処方だけでなく様々な検査なども行われます。

 

初回は約1ヵ月分のプロペシアを処方されるのは同じですが、問診以外にも、生え際やM字の薄毛の確認や血液検査なども行われることもあります。

 

 

病院の選び方の注意点

 

皮膚科でのプロペシア処方(フィナステリドにより薄毛の原因物質を抑制する)だけでは薄毛の改善ができないケースは多いというのが現状です。

 

そのため、金額は高くなりますがAGAクリニックの方があなたが発毛する可能性は格段に高くなると思います。

 

 
中にはミノキシジル系の治療や育毛メソセラピーなどが行われているクリニックもあるので、発毛の予算を考えてAGAクリニック選びを考えた方がいいでしょう。

 

また、自毛植毛も同様に植毛手術+プロペシアやミノキシジル系の治療薬を組み合わせてAGA治療する場合もあります。

 

これらの治療メニューを組み合わせを考えると、トータルの育毛にかかる金額は数百万など相当なコストがかかるので慎重にAGAの治療法は考えた方が良いかと思います。

 

下手に育毛メソセラピーに大金をかけても、それだけでは全く効果がないなど無駄なコストになる可能性もありますので注意しましょう。

 

よく読まれている人気記事
カテゴリー