AGA治療の病院•クリニック比較

AGAクリニック比較サイト

AGA治療のためのクリニックやHARG治療が受けられる病院などを解説しています。

植毛のメリットとデメリットはどっちが大きい?

読了までの目安時間:約 3分

植毛のメリットとデメリット

植毛はメリット、デメリットがはっきりしている薄毛対策で、ハイリスクハイリターンの代表的な治療方法です。

 

世の中には効いているのか良く分からないものの、強烈なデメリットもない為何となく続けている薄毛対策が山ほどありますよね。

 

その点植毛はビフォアー、アフターの違いが明確に出やすく、自分にとって合う、合わないも判断しやすいところも特徴的です。

 

自毛植毛の最大のメリットは、自分の髪を薄毛から昔の頭皮や毛髪に取り戻すことができることです。自然に髪をかきあげることができます。

 

 
同じ植毛治療でも人工毛の治療だと拒絶反応のリスクを伴いますが、自毛植毛の定着率は現在90%以上を誇るそうです。

 

人毛のカツラと比べても段違いに仕上がりは自然ですし、人前で泳いだりお風呂に入ったり、今までできなかったことができるようになります。

 

自毛植毛なら術後きちんと定着すればメンテナンスも不要ですし、人工毛植毛や増毛、カツラ、育毛剤など大半の薄毛対策のようにランニングコストもかかりません。

 

一方、デメリットとして指摘されているのが、移植できる量に限界があることです。

 

人工毛植毛の場合も植毛範囲が広くなればなる程、頭皮に負担もかかりますし費用も高くつきます

 

特に後頭部の頭皮にメスを入れて移植する髪を採取しなければならない自毛植毛の場合、傷痕の問題もデメリットになります。

 

更に治療後2~3ヶ月程度、知覚麻痺などの異常、違和感を覚える恐れもあります。

 

一番怖いのは、ショックロスと呼ばれる髪が一時的に抜け落ちてしまう原因不明の現象かも知れません。

 

リーブ21の発毛法と植毛ならどっちがオススメ?

読了までの目安時間:約 3分

リーブ21

どのようにして薄毛を解消するかという方法についていろいろな議論が繰り広げられています。

 

植毛の技術もどんどんと発達していますし、リーブ21のように自分の髪の毛を回復させるという技術にも注目が集められています。

 

生活習慣や食習慣の改善で、自然な形で薄毛を解消することができれば良いのですが、一度症状が悪化してしまうとなかなか解決するのが難しいのが現実です。

 

そこで、植毛をするかリーブ21に通うかなどの意見が分かれるわけです。

 

植毛もリーブ21もそれぞれメリットがありますが、共通しているのは料金がそれなりにかかるというデメリットです。

 

しかし、確実に髪の毛を増やしたいと考えているのであれば植毛の方がお勧めです。

 

 
ただし、もっと自然な仕方で髪の毛を回復させたいと考えているのであれば、リーブ21に通うのも間違った選択ではないでしょう。

 

植毛の場合は、手術料金は高いとはいえ、維持するのにお金がかかるわけではありませんから、かつらなどを使用するよりは安くつくでしょう。

 

リーブ21では、自分の髪の毛を回復させられる可能性がありますので、成功した人にとっては、植毛よりも良い方法であったという結論に達するでしょう。

 

しかし、発毛結果には大きな個人差があるので、高いお金を払ったものの、髪の毛が生えてくる発毛効果のなかったという人にとっては、お金を無駄にしてしまったと感じるかもしれません。

 

いずれにしても、決定するのは自分ですので、それぞれのメリット、デメリットについてしっかりと調べることが大切です。

 

アデランスは植毛ではなく増毛法の技術が凄いの?

読了までの目安時間:約 3分

植毛 アデランス

髪の毛を増やすという場合は、すぐに有名ないくつかの企業を思い浮かべるのではないでしょうか。
 

その一つが、アデランスで昔から髪の毛を増やしたい人たちを助けてきました。

 

いろいろなタイプの増毛法があるのですが、アデランスの場合、一本の髪の毛に数本の髪の毛を根元からくっつけるという技術を持っています。

 

植毛と比べると非常に手軽に行える増毛法なので、非常に人気がありますし、技術が日々向上されているので、見た目も自然になります。

 

少しずつ時間をかけて増やしていくことで、増毛したということがわからないような形で髪の毛を増やしていくことができます。

 

 
初期の脱毛から増毛をしている人はほとんど気付かれずに済んでいるということです。

 
自毛植毛が人気を集めていますが、定着率が悪かったり、時間がないために難しいという場合もあるでしょう。

 

そのような時に味方になってくれるのが、アデランスですぐに髪の毛を思ったとおりに増やすことができるのです。

 

植毛と比べるとランニングコストのデメリットの問題があります(アデランスの増毛法の継続コストは高額)ので、どちらを選ぶかはその人次第になりますが、どちらのメリットを選ぶかということになります。

 

さらに、アデランスでは育毛のためのアドバイスやケアをしてくれるコースも用意されていますので、増毛しながら自分の髪の毛も健康的に増やしたいと考えている人は利用することができます。

 

髪の毛について長年研究を重ねている会社ですから、安心してアドバイスを受けることができるでしょう。

 

髪の悩みを抱えている人は、悩めば悩むほど症状が進行してしまう場合がありますので、注意が必要です。早く行動することによってポジティブに生活することができるようになります。

 

HARG療法を試す際の2つのデメリットとは?

読了までの目安時間:約 2分

HARGデメリット

結論から書くと、HARG療法のデメリットで特に気になるのは、それなりに費用がかかること、治療を中止すれば発毛効果も次第に薄れていること…の2点です。

 

ただ、本格的な薄毛対策はオーダーメイドウィッグにしても増毛にしても決して安くありません。せっかくお金をかけるなら自毛を育てたい…と考える方にHARG療法は絶大な人気を集めています。

 

ウィッグではありませんから発毛効果が永遠に続かないのも当然ですし、ウィッグにも実は寿命があります。増毛施術を行う場合も継続的にサロンに通いメンテナンスを続けなくてはなりません。

 

人間の髪は加齢によって自然に抜けやすくなりますし、どんな発毛、育毛対策も定期的なメンテナンスが必要です。その他、いわゆるつるつる状態で毛根が完全に死滅している状態だといくらHARG療法でも髪を復活させられる確率は低い点、育毛治療効果が表れるまでに3か月から半年程度の期間かかる点が気になると言う意見も。

 

 
いずれしてもHARG療法は中々結果に結びつくことがない従来の育毛、発毛法とは比べものにならない程の成果が期待できます。

 

病院で行う本格的な薄毛治療なので、効くかどうか分からない気休め的な市販の育毛剤よりもお金がかかることは仕方ないとの見方が大半です。

 

HARG療法の費用を聞いて治療を諦める方もいらっしゃいますが、これまでシャンプーや育毛剤などの薄毛対策に費やしてきたトータル費用を計算し、投資する価値がある発毛治療にお金をかけた方が賢明と判断する方が増えています。

 

よく読まれている人気記事
カテゴリー