植毛 ヘアーシート

AGAクリニック比較サイト

AGA治療のためのクリニックやHARG治療が受けられる病院などを解説しています。

植毛後の頭皮ケア用のヘアーシートは使った方がいいの?

読了までの目安時間:約 3分

植毛 ヘアーシート

植毛のヘアーシートは自毛植毛を行う時に大切な役割を果たす専門アイテムです。

 

自然な仕上がり、リスクの低さで人工毛植毛よりも高く評価されている自毛植毛は、薄い部分に植える為、自分の毛髪を採取しなければなりません。

 

採取方法にも色々ありますが、いずれにしても髪を採取した部分は毛母細胞ごと持っていかれるわけですから薄くなりますし、しばらくの間カサブタも目立つ状態になります。

 

その為、アフターケアのしっかりしているクリニックでは、採取部分の違和感を誤魔化す為のヘアーシートを用意してくれています

 

 
採取部分に合わせオーダーメイドで作るので5万円前後かかりますが、患者さんの8割は注文するそうです。

 

シート状のウィッグのようなもので、エクステンションのように自分の髪に結びつけ、緩んできたら調整して付け直すことを繰り返します。

 

大体1ヶ月から1ヶ月半程度ヘアーシートを装着して過ごしますが、メンテナンスは3週間に1度ぐらいのペースで行い、外した時も理容師さんにカットして貰います。

 

メンテナンス代なども全部含めて5万円前後なので良心的と言えば良心的ですが、決して安くないオプションメニューなので熟考した結果注文しない方もいらっしゃいます。

 

また、採取部分が目立たないようにハサミで部分的に刈るカラーズインダイレクトと言う採取方法もありますが、こちらはかなり手間がかかる手段です。

 

費用も時間も倍近くかかるので経済的に余裕がある方向けの手法です。

 

一定範囲を刈り上げてしまう通常の採取方法が1株1,000円前後だとしたら、カラーズインダイレクト法は1株2,000円を覚悟しなければなりません。

 

よく読まれている人気記事
カテゴリー