AGA治療の病院•クリニック比較

AGAクリニック比較サイト

AGA治療のためのクリニックやHARG治療が受けられる病院などを解説しています。

植毛前に家庭用育毛レーザー機のヘアーマックスを試す価値あり?

読了までの目安時間:約 3分

ヘアーマックス

植毛かヘアーマックスか2つの選択肢で迷っている方も多いでしょう。

 

植毛はダウンタイムも長く、傷跡が残るリスクや費用の高さなど問題点も目立つ薄毛対策方法です。

 

その点ヘアーマックスは本体価格120,000円、割引価格なら50,000円前後と数ある育毛治療方法の中では比較的安い部類に入ります。

 

クリニックでプロペシアを処方して貰う場合にも毎月1万円前後かかりますし、一旦飲み始めたら基本的には生涯に渡り飲み続けなければなりません。

 

トータル費用を考えると、50,0000円から120,000円で本体を買えば半永久的に使うことができるヘアーマックスの方が間違いなく安く済みます。

 

ヘアーマックスは薄毛治療を目的としたレーザー育毛養毛器で、ブラシ状になっている家庭用育毛レーザーマシンだと思って頂ければOKです。

 

 
ヘアーマックスの効果は信ぴょう性、安全性チェックに厳しいアメリカのFDAの承認も得ていますし、臨床試験でも93%以上の治療対象者が結果を出しています

 

男性、女性どちらにも使うことができるのでパートナー同士で共有することもできますし、1回8分間のケアを週3回繰り返すだけなのでお手入れ方法も大変お手軽です。

 

ヘアーマックスでケアすることで頭皮が細胞レベルで活性化し、血行と代謝も促進されるので脱毛を予防しながら健やかな髪が育まれます。

 

プロペシアやミノキシジル、市販の育毛剤などと併用している方も増えていますし、既に150ヵ国以上で利用者が増加中です。

 

現在3種類販売されていますが、3万円前後で購入することができる安いタイプもあります。また、アンドロヘアーという名のヘアーマックスよりも格安な類似商品も出ているようです。

 

植毛で生じる3つの弊害とは?

読了までの目安時間:約 3分

植毛の弊害

植毛の弊害になるのは費用の問題傷跡の問題ダウンタイムの長さでしょうか。

 

植毛と言っても人工毛植毛と自毛植毛ではメリット、デメリットがまるで異なりますが、最高の植毛法と評価される最新自毛植毛も弱点がまったくないわけではありません。

 

髪を植える範囲にもよりますが、切らない自毛植毛FUE法の場合たった100株植毛しただけで最低でも50万円はかかります。

 

しかも、密度を高めて自然なふさふさ状態にする為には何度か植毛手術を行う必要があります

 

経済的な余裕がないとトライすることが難しい薄毛治療方法であることは間違いありませ

 

また、メスを使わない切らない植毛方法でも傷跡がまったく残らないわけではありませんし、安定するまでに術後2週間程度油断できない状態で過ごさなければなりません。

 

植毛の効果を心の底から実感するまでに、早くても半年遅ければ1年近くかかることも、植毛の弊害になっている筈です。

 

 
仕事をちょくちょく休んだり突然頭皮が部分的に薄くなったり、「何かやっている」ことが周りにばれやすいのも植毛のネックです。

 

そもそも髪の毛を移し替える為のふさふさした部分がなければ、植毛を成立させることはできません。

 

いわゆるつるっぱげに近い状態の方だと、この薄毛治療方法は最初から選択肢から外れてしまうことになります。

 

もちろん、成功すれば自毛と同じように白髪が増えますし年齢を重ねるにつれてより自然に仕上がります。

 

手術が成功すればメンテナンスの必要もありませんし、カツラのように外れる心配もなくストレスフリーの生活を送ることができる点も最大の魅力です。

 

カツラボクサーが使ってる有名なヘアバンド育毛法って何?

読了までの目安時間:約 2分

ヘアバンド育毛法

植毛よりヘアバンド育毛法を試してみよう、と考えている方も多いでしょう。

 

確かに植毛は数ある薄毛治療法の中でも一際ハードルが高く、中々思い切ることができないものです。

 

その点、最近密かにブームになっている育毛ヘアバンドなら手軽にトライすることができます。

 

育毛ヘアバンドの正式名称は『モナーニヘアバンド』と言います。

 

カツラボクサーのニックネームで親しまれている小口雅之さんが愛用している育毛アイテムです。

 

育毛ヘアバンドと言ってもヘアバンドは補助的な存在で、単に育毛剤が頭皮から顔に液だれしないよう予防する為に使うものです。

 

しかし、ヘアバンド自体に育毛効果があるわけではありません

 

肝心なモマーニパワートニックはオリエンタルハーバル社から発売されている医薬部外品の薬用発毛促進育毛剤で、韓国500年の伝統秘法によって抽出された天然エキスが含まれているそうです。

 

セットで使うとより効果的とされるモマーニシャンプーにも、ニンジンやクワ、ゴマ種子エキスなど髪や頭皮に良さそうなエキスがたくさん配合されていますので、大いに期待す

ることができそうです。

 

更に磁気で頭皮を耕すモマーニバイオブラシを使えば完璧で、この育毛法で実際にカツラボクサーは産毛が黒髪に変わったと実感していると話しています。

 

気になる費用は発毛剤モマーニパワーが15,750円、モマーニシャンプーが5,250円、モマーニバイオブラシが12,600円でヘアバンドが1,575円ですが、セットで購入すると料金がお得になります。

 

植毛後にはヘッドバンドを使うべき2つの理由とは?

読了までの目安時間:約 3分

ヘッドバンド

植毛にヘッドバンドが欠かせないと言われますが、施術するクリニックによってはヘッドバンドを手術直後から装着するよう指示される筈です。

 

手術当日、ハチマキ状のヘッドバンドを巻いてから帽子をかぶり、帰宅することになります。

 

帽子は頭を締めつけないニット素材のものが最適です。

 

植毛手術では頭皮に麻酔薬を打ちますが、手術の影響もあり術後3日から1週間近く経つまで顔の上部分、特に目の周りが激しくむくんでしまう恐れがあります。

 

ほとんどむくまない患者さんもいらっしゃいますが、万が一むくんでしまうと周囲にも違和感を与えてしまいます。

 

ヘッドバンドを当日から装着することで目覚めた時からむくみを軽減することができますし、ヘッドバンドの上からアイスパックののせて冷やすとより効果的です。

 

あまりにもむくみがひどいと目が開きにくくなる程まぶたにも負担がかかりますから、薬を処方されることになります。

 

術後すぐに仕事に復帰しなければならない方、どうしてもむくみたくない方は、事前に担当ドクターに相談しておきましょう。

 

 
また、いくらむくむからと言っても植毛部分を直接アイスパックで冷やしてはいけません

 

ヘッドバンドが必要なくなった時期も、清潔なガーゼを当てた上からアイスパックで冷やすようにするとデリケートになっている皮膚をガードすることができます。

 

その他、枕を高くして寝るとむくみにくくなると言われていますし、色々むくみ対策に励みましょう。

 

ヘッドバンドにはむくみを予防する効果だけではなく、不安定な状態の頭皮や髪の毛を守る意味もあります。

 

自毛植毛後にはヘアスプレーの使用は厳禁!?

読了までの目安時間:約 3分

植毛ヘアスプレー

植毛後ヘアスプレーは厳禁です。とは言っても、ヘアスプレーを使うことができないのは植毛した部分だけです。

 

液垂れする心配が完全にない場合は植毛部分以外の髪の毛にヘアスプレーを使っても、そう神経質になることはありません。

 

植毛部分のヘアスプレー、整髪料が禁じられるのも、術後48時間の間だけです。

 

ただししばらくの間ぬるま湯で流し洗いするだけの洗髪しかできませんから、あまりにもハードなヘアスプレーを使ってしまうと落とす時に大変です。

 

お仕事で髪をまとめる必要がある方は困ってしまうかも知れませんが、術後の頭皮は非常にデリケートなので確実に定着させる為にも指示は守りましょう。

 

ご参考までに自毛植毛後の入浴スケジュールをお伝えします。

 

自毛植毛後の入浴スケジュール

 

手術当日は植毛部分を濡らさないようにしてシャワーを浴びることができます。

 

頭皮が汗で不衛生な状態にならないよう、汗がだらだら流れる程長時間熱いシャワーに打たれないよう気をつけて下さい。

 

翌日になれば、水圧を弱くしてシャワーで流し洗いも可能です。

 

もし弱い水圧でもシャワーは怖いと言うことであれば、スプレーにぬるま湯を入れて吹きかけて洗えば頭皮にかかる負担がぐっと軽くなります。

 

 
コップにぬるま湯を入れてそっと流す方法もおススメです。

 

いずれにしても、術後1週間は経過するまでこすり洗いは厳禁です。

 

入浴も翌日以降OKが出る筈ですが、いつも通りシャンプーすることができるようになるまで2週間近くかかることになります。

 

植毛したら自由にヘアスタイルをアレンジできるの?

読了までの目安時間:約 3分

植毛のヘアスタイル

植毛でヘアスタイルを大いに楽しむことができるようになった、と喜んでいる方が増えています。

 

ただし残念ながら日本はアメリカほど植毛先進国とは言えません。

 

ようやく最近最新の植毛方法を導入するクリニックが目立ち始めたぐらいです。

 

植毛は費用も高く本格的な手術も行うのでかなりハードルの高い薄毛治療方法ですが、成功すれば髪型の制限なく自由にヘアスタイルをアレンジすることが可能なので満足度も高い筈です。

 

薄毛をてっとり早く誤魔化すことができるウィッグは、予想以上にストレスの多い薄毛対策方法です。

 

自然な仕上がりのウィッグは50万円近くすることも多く、大金を出してもすぐに劣化するので定期的にメンテナンスを受け新調しなければなりません。

 

 
しかも、いくら仕上がりが自然と言ってもいつも同じ髪型だと、周りに怪しまれてしまうのも見逃せないネックです。

 

本物の髪ならその日によって微妙に分け目が変わり、癖が出ることもあります。

 

けれどウィッグは完璧な状態をずっと維持しますから、余計違和感を与えてしまう恐れがあります。

 

また強い風が吹く日は1日中ウィッグが外れないかどうかヒヤヒヤしていなければなりませんし、温泉やプール、海水浴など髪が水に濡れるような場に行きづらい悩みも。

 

装着したままシャンプーもできるウィッグもありますが、そういった高性能なタイプは値段も高くそうそう気軽に買うことができるものではありません。

 

その点、植毛ならもし白髪が生えても植毛部分も一緒に白くなりますし、手でかきあげることもできます

 

植毛手術の部分麻酔の痛みってツラいの?

読了までの目安時間:約 3分

植毛麻酔

植毛の麻酔は基本的に部分麻酔です。植毛方法によって手術の内容が変わってきますが、例えば単一植毛手術のように患者さん側の負担が少ない手術の場合、部分麻酔で問題ありません。

 

意識が残っている状態なので、手術の最中患者さんの意思を確認し、デザインを変更することも可能です。

 

術後、意識がはっきり戻るまでしばらく休憩する必要がありますが、部分麻酔なら入院することもなく日帰りでそのまま帰宅することができます

 

もちろん、痛みに特別に弱い方や植毛範囲が広い場合、点滴静脈注射や本格的な全身麻酔が選択されることもあります。

 

最近歯医者さんでも採用されている点滴静脈注射は、呼びかけると意識が戻る状態でぼーっとしたまま痛みを感じることもなく手術を終えることができます。

 

植毛を検討している方にとって、気になるのが痛みの問題ですがいずれにしても手術中は痛みを緩和する為の麻酔が打たれるのでご安心下さい。

 

 
クリニックによっては精神安定剤を内服し、手術前の恐怖を取り除く対策を施してくれます。

 

安定剤で意識が朦朧としている状態でドナーを採取し、局所麻酔を打ってから植え込み作業に入るパターンが大半です。

 

ドナーを採取するときも採取部分が広い程必要な麻酔の量も増えますし、使う麻酔の種類、量は患者さんによって違います

 

慎重なクリニックだと麻酔を打った後は容態が悪化しないよう、心電図をモニターしながら手術を行うことも。

 

万が一の事態に備え、安全対策にも力を入れているクリニックを選びたいものです。

 

まつエクとまつげ植毛のどちらがお得なのかを比較してみた

読了までの目安時間:約 3分

まつげ植毛

植毛まつげにトライする女性が徐々に増えています。まつげが長く濃いだけで美人度が一気に増しますよね。

 

最近はナチュラルメイク志向が支持される傾向にありますから、目元だけ際立たせてファンデーションは厚塗りしないメイク方法が人気を集めています。

 

ただ、マスカラだと毎回落とさなければなりません

 

クレンジングで何度も擦ることで目の周りの皮膚に強い負担がかかってしまいますし、シワの原因になることも。

 

一度施術すれば1ヶ月近く長くフサフサのまつげを楽しむことができるまつげエクステも便利なアートメイク方法ですが、サロンでケアして貰うと毎月5,000円近くかかるのでマスカラよりもお金がかかる点がネックです。

 

それに肌が弱い方だとまつげエクステで目元がかぶれしまう為、他の方法を考えなくてはなりません。

 

その点、まつげ植毛なら施術後半永久的に長く濃いまつげを維持することが可能です。

 

髪の毛の植毛同様、植毛したまつげは術後一旦抜け落ちてしまいますが、数ヶ月すれば再び生え始めどんどん濃く長く伸びていきます。

 

2週間ほど目が腫れるなどダウンタイムは覚悟しなければなりませんが、手術自体は1時間程度で終わりますし入院の必要もありません

 

 
まつげ植毛の一般的な費用は、上まつげ100本で大体500,000万円前後かかります。

 

毎月5,000円、年間6万円をまつげエクステ代に費やしている方は8年ちょっとで元が取れる計算です。

 

女性は生涯メイクが欠かせませんから、長期スパンで考えると経済的にも受ける価値が十分にある手術と言えるのではないでしょうか。

 

植毛と増毛の大きな違いと注意点とは?

読了までの目安時間:約 3分

植毛と増毛の違い

植毛と増毛の大きな違いは、薄毛治療効果の持続性にあります。

 

同じ植毛でも人工毛植毛だと定期的なメンテナンスが必要ですが、自分の髪の毛を移植する自毛植毛なら手術成功後はクリニックに通う必要はありません

 

持続性を求めて薄毛治療を行うなら、断然自毛植毛がおススメです。一方、増毛は自分の髪の毛に人工毛髪を結びつけて増やす方法です。

 

髪の毛の成長と共に、ずれた部分を結い直したり抜けた部分を新しく増毛するなど定期的にメンテナンスしなければなりません。

 

もちろんその度にメンテナンス費用がかかるわけですから、維持費の高さは増毛の見逃せないネックになります。

 

ただし、植毛も増毛も自然な仕上がりで共通しています。

 

植毛はふさふさしている自分の髪の毛を薄い部分に植え替えるわけですから、部分ウィッグのように毛の質の違いで違和感を与えることもありません。

 

移植部分にも白髪は生えますし、細かい傷跡が見つからなければ植毛だと周囲にばれることもありません。

 

 
自分の髪の毛を増やすことができる、まさに夢のような治療方法です。

 

そして増毛も頭頂部にはボリュームを出して生え際は自然に後退させるなど、微調整が可能なのでこちらも自然な仕上がりになります

 

ちなみに、身体的なリスクを伴うのは頭皮に体外物質を植え込む植毛で、大金をかけて手術したのに患部が炎症を起こして逆に薄毛が進行する可能性もあります。

 

その点増毛は自毛に人工毛を結びつけることで根元に負担がかかる恐れはありますが、頭皮そのものにダメージを与えることはなく薬品も使用しませんので身体的リスクはほとんどありません。

 

テリー伊藤は東京オリンピック開催で公言した胸毛植毛をいつするのか?

読了までの目安時間:約 3分

テリー伊藤

テリー伊藤が胸毛に植毛をトライすると宣言し、話題を集めています。

 

2020年夏のオリンピックが日本で開催されることが決まりましたよね。

 

まだ開催場所で揉めている最中、テリー伊藤が東京招致に成功したら欧米人に負けないよう胸毛を植毛すると公言しました。

 

実際、2013年の9月8日、東京はイスタンブールを破り開催都市に選ばれたので「果たして胸毛植毛は?!」と注目を集めています。

 

現時点ではまだテリー伊藤が胸毛植毛を実行したニュースは入ってきていませんが、果たして胸毛も髪の毛と同じように植毛することができるのでしょうか。

 

結論から申し上げますと、胸毛の植毛は可能です。植毛先進国のアメリカに続き、日本でも積極的に植毛の最新技術を採用しています。

 

現在髪の毛はもちろん、胸毛、アンダーヘア、髭、まつげ、眉毛、腋毛の植毛治療を医療機関で受けることができます。

 

 
ただし、施術部位として圧倒的に多いのは頭皮で、続いて眉毛やまつげが続き胸毛を植毛する方はそう多くありません。

 

欧米では胸毛は男らしさの象徴ですが、日本ではむしろ胸毛を気にして全身脱毛を行う男性が増えているぐらい敬遠される存在です。

 

頭髪の植毛同様、他のパーツの植毛手術を行う時もドナーとなる植える為の毛は頭皮から採取することになります。

 

従って、採取できる程の髪の毛が残っていない場合、手術不可能と診断されてしまう恐れがあります。

 

テリー伊藤はスキンヘッドなので、本気で胸毛植毛を行う予定なら髪の毛を伸ばすところから始めなければなりません

 

よく読まれている人気記事
カテゴリー