AGA治療の病院•クリニック比較

AGAクリニック比較サイト

AGA治療のためのクリニックやHARG治療が受けられる病院などを解説しています。

植毛疑惑があるアイドルの噂って本当なの?

読了までの目安時間:約 3分

植毛 アイドル

人気のある男性アイドルにはいろいろな噂がつきものですが、髪の毛に関する噂はいつも絶えません。
 

芸能人全般に言えることですが、やはり薄毛になるとその人の魅力は下がってしまいます。

 

中には、薄毛が似合う俳優さんなどもいますが、アイドルになると髪の毛が薄いというのは非常に不利なことです。

 

それで、多くのアイドルが植毛をしているという噂があります

 

実際に、一気に髪の毛を増えたなという人も何人かいますし、初期段階で薄毛治療を始めて、バレていない人も多いのではないかと思います。

 

最近は植毛の技術がとても発達していますから、自然な形で髪の毛を増やすことができますし、思った通りに行うこともできます。

 

ルーニーなどの有名な海外のサッカー選手が、公表しながら自毛植毛を行ったこともありますが、以前よりも若返ったようなイメージになりました。

 

それだけ、髪の毛の与える影響は大きいということではないでしょうか。

 

 
日本の某有名グループのメンバーでも一気に髪の毛が増えたという噂が流れたことがあります。

 

自毛植毛をすることによって、メンテナンスを行う必要もほとんどなくなりますから、忙しいアイドルにとっては良い方法です。

 

ただし、植毛をするスケジュールをどのように空けるかという問題があると思います。

 

長い間テレビに出演しなかったり、帽子をかぶり続けている期間があって、その後一気に髪の毛が増えたという場合は植毛をした可能性が高くなります。

 

自然な形で増やすことができるのであれば、見ている私達もカッコイイ姿を見続けられるわけですからやってほしいと思います。

 

アデランスは植毛ではなく増毛法の技術が凄いの?

読了までの目安時間:約 3分

植毛 アデランス

髪の毛を増やすという場合は、すぐに有名ないくつかの企業を思い浮かべるのではないでしょうか。
 

その一つが、アデランスで昔から髪の毛を増やしたい人たちを助けてきました。

 

いろいろなタイプの増毛法があるのですが、アデランスの場合、一本の髪の毛に数本の髪の毛を根元からくっつけるという技術を持っています。

 

植毛と比べると非常に手軽に行える増毛法なので、非常に人気がありますし、技術が日々向上されているので、見た目も自然になります。

 

少しずつ時間をかけて増やしていくことで、増毛したということがわからないような形で髪の毛を増やしていくことができます。

 

 
初期の脱毛から増毛をしている人はほとんど気付かれずに済んでいるということです。

 
自毛植毛が人気を集めていますが、定着率が悪かったり、時間がないために難しいという場合もあるでしょう。

 

そのような時に味方になってくれるのが、アデランスですぐに髪の毛を思ったとおりに増やすことができるのです。

 

植毛と比べるとランニングコストのデメリットの問題があります(アデランスの増毛法の継続コストは高額)ので、どちらを選ぶかはその人次第になりますが、どちらのメリットを選ぶかということになります。

 

さらに、アデランスでは育毛のためのアドバイスやケアをしてくれるコースも用意されていますので、増毛しながら自分の髪の毛も健康的に増やしたいと考えている人は利用することができます。

 

髪の毛について長年研究を重ねている会社ですから、安心してアドバイスを受けることができるでしょう。

 

髪の悩みを抱えている人は、悩めば悩むほど症状が進行してしまう場合がありますので、注意が必要です。早く行動することによってポジティブに生活することができるようになります。

 

植毛の失敗はただの思い違い?クリニック選びは症例数を要チェック!

読了までの目安時間:約 3分

植毛 失敗

薄毛に悩んでいる人にとって、植毛というのは最後の砦のような存在です。

 

実際に植毛の技術は年々進歩していますので、不自然ではない仕方で髪の毛を増やすことが可能になっています。

 

植毛の種類としては人工毛を使う場合と、自毛を植える場合があります。見た目が自然なのは自毛を使ったもので、ほとんどの人がこの方法を選択するようになっています。

 

しかし、うまく定着しないで抜けてしまうなど、失敗してしまうことも考えられます。

 

失敗について恐れている人がたくさんいますが、健康的な被害が及ぶという可能性は低いです。

 

ですから植毛の失敗というのは、思った通りに髪の毛が増やせるかどうかということなのです。

 

 
人工毛を使っている場合は、仕上がりが不自然になってしまうという失敗があるようですが、評判の良いクリニックを選ぶことによって、可能性を少なくすることができます。

 

自分の髪の毛を使った植毛を選んだ場合も同じで、クリニック選びが成功するか失敗するかの大きな分かれ道になります。

 

クリニックを選ぶ時には、どれぐらいの数の症例を扱ったことがあるのかを確認してみましょう。

 

たくさんの件数を経験していれば失敗がないというわけではありませんが、少ないよりも多い方が成功する確率が高くなるのは当然でしょう。

 

良いクリニックを選んで、自分の思い通りに髪の毛を増やせるように、とにかく情報をたくさん集めていきましょう。

 

先生の説明を聞く際にも、自分の中で最低限の知識があった方が理解することができます。

 

わずか3分で理解できるFUE植毛とFUT植毛の比較動画

読了までの目安時間:約 2分

FUEとFUTの比較

自毛植毛の種類にはFUE植毛やFUT植毛がありますが、その違いってご存知でしょうか?

 

日本ではまだそんなにメジャーにはなっていませんが、海外ではかなりいろんな情報が出ているようです。

 

この両者の植毛の違いを比較した動画を見つけたので貼っておきますね。(英語なのは仕方ないですが言葉が分からなくてもイメージできると思います。)

 

 

Hair Forever Hair transplant - FUE technique v/s FUT technique
 

 

頭皮を切らない植毛(FUE植毛)でも頭皮を切る植毛(FUT植毛)のどちらでもすぐに毛が増えて元通りになるということはありません。

 

一度植えた毛が抜けて徐々に正しいヘアーサークルになり新しい毛が育っていくって感じですね。

 

 
FUE植毛では3ヶ月から8ヶ月程度の時間がかかる模様です。

 

できれば頭皮を切らないで上手に生え揃えばいいのですが、植毛の離脱率(定着率)も気になるところです。

 

自毛植毛は海外の方が値段は安いのか?

読了までの目安時間:約 4分

自毛植毛の値段

最近世界中で増えている自毛植毛ですが、スポーツ選手や芸能人などいろいろ目にするようになってきました。

 

また、普及に伴い自毛植毛の値段もだいぶ安くなって来ているようです。

 

海外ではアメリカやタイ、お隣の韓国などが有名ですが、最も日本人に人気になっているのは韓国での自毛植毛です。

 

ただし、最近ではそんなに韓国での自毛植毛された方って増えていないようですが、その理由は何かリスクがあるのでしょうか?

 

韓国での自毛植毛が最近伸びていない理由とは?

 

韓国での植毛の症例は増えて来ていて日本人の植毛は約30%以上のようですが、現状は右肩上がりで植毛者が増えてはいないようです。

 

その一番大きな理由は、なんといっても値段です。

 

数年前はウォン安もあり、韓国での植毛費用が日本の半額以下という時期もあったようです。

 

ウォン円チャート

 

2011年〜2012年にかけての最安値の時と比較するとウォンは40%近く値上がりしています。

 

植毛費用がいくら安い韓国でも、少なくとも通常の薄毛で悩んでいる人は少なくとも50万以上するので、ウォン高により育毛費用も大幅に上がってしまったようです。

 

ちなみに韓国では植毛した離脱率も極めて低いFUTの植毛(メスを入れない)がメインです。

 

これだけウォン高によって植毛費用は高くなってしまったのですが、それでも同じグラフト数で比較すると日本の方がかなり高額であることは間違いないです。

 

しかし、数十%の値段が高くなるくらいなら安心できる?日本で植毛するという方も増えてきているようですね。

 

 

ちなみに筆者が植毛費用を韓国で一番人気のある自毛植毛の会社に問い合わせたところ、

 

 
必要なグラフト数:3000グラフト
1255万ウォン(約121万円)になります。

 

との植毛費用の見積が返ってきました。

 

これがちょっと数年前だと100万を余裕で切る値段だったので、その植毛の値段の差額は大きいですよね。

 

100万超えると随分と費用の景色も変わりますし^^;

 

まぁいずれにしても、人気の韓国での植毛費用が高くなり海外での植毛コストの差が縮まったのは日本の会社によっては追い風だと思いますが、技術的な症例数は整形大国の韓国の方が圧倒的に多そうなので、しっかり日本のクリニックや海外のクリニックを調べて比較した上で植毛をする場所を選択するのが良いかと思います。

 

自毛植毛の3種類の違いとその比較まとめ

読了までの目安時間:約 5分

自己植毛

植毛といっても、昔はカツラやウィッグで使われるような人口毛の植毛が定番でした。

 

最近では、研究が進んで「自毛植毛」と呼ばれるタイプの自分の後頭部などの髪の毛を毛根から取り出して培養し植え付ける植毛が増えて来ています。

 

また自毛植毛の中では、大きく分けて以下のような3つの植毛のタイプがあります。

 

自己植毛の3つの植毛の種類とその違いとは?

 

①FUT植毛

FUT植毛

フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)植毛は、最も世界的に普及している植毛方法になっています。

 

髪の毛の毛包一つ一つを頭皮に移植するタイプなので、植毛したことが分からないくらい自然な仕上がりになります。通常毛包は約1~4本で生えていてこの単位毎に移植する方法です。また、他の植毛の方法と比較しても植毛した毛髪の頭皮への定着率の高さに定評があります。

 

FUT植毛方法は、現在最も主流になっている植毛法であり、様々な有名人、スポーツ選手、芸能人の植毛でも使われています。日本の植毛のクリニックでは、〜式などの様々な名前が付いていますが、全てフォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション(FUT)の手法が使われています。FUT植毛法のデメリットとしては、値段(費用)が高いという点です。(植毛費用は経費で落ちませんし、保険も効きません。)

 

②マイクロ(ミニ)植毛法

マイクロ(ミニ)植毛法

マイクロ(ミニ)植毛法は、マイクロ・グラフト植毛や、ミニグラフト植毛とも呼ばれる植毛方法で、以前流行っていたパンチ式植毛法の欠点を克服した植毛方法になっています。

 

パンチ式植毛法と比較すると、採取したドナーの髪の毛の株を1~5本程度(4〜6本など)にして頭皮の薄毛部分に移植する為、より細かく自然な仕上がりになる人気の植毛法の一つです。

 

これらの株は、マルチ・フォリキュラーグラフト「Mfu株」などと呼ばれていて、最も人気のFUT(フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーション)植毛と比較した時のマイクロ(ミニ)植毛法のメリットとしては、FUTよりも頭皮の乾燥にも強く、植毛の時間が短縮できるため値段も安いケースがあります。デメリットとしては、植毛した髪の毛の頭皮への定着率の悪さがあります。

 

③パンチ式植毛法

パンチ式植毛法

パンチ式植毛法は、アメリカのノーマン・オレントライヒ医師が1959年に開発したホチキスのような器具で植える植毛法で、頭皮から採取したパーツ(ドナー)を髪の毛約10本を1単位とする株(直径約3~4mm)を頭皮の薄い部分に移植する植毛法です。他にも、パンチ・グラフト(パンチ法)などと呼ばれています。

 

部分的な頭頂部などの薄毛には効果的なようですが、M時部分の生え際や分け目などに関する植毛には不自然な感じになるケースがあるため最近ではマイナーな方法になってきています。 主に1960年代~1990年代の定番の植毛法だったようです。

 

薄毛部分に1株(10本程度)というロットで移植するため生え際付近では不自然になるので、生え際の薄毛には使いにくい植毛方法と言えます。

 

1 6 7 8
よく読まれている人気記事
カテゴリー