AGA治療の病院•クリニック比較

AGAクリニック比較サイト

AGA治療のためのクリニックやHARG治療が受けられる病院などを解説しています。

HARG認定認可のないクリニックでのHARG育毛治療は危険?

読了までの目安時間:約 3分

HARG認可

HARGは認可、認定が必要な医療技術です。

 

HARG治療センターの福岡ドクターが開発したHARG療法は、現在全国の170院以上のクリニックに導入されていますが、クリニックを選ぶ時は認定病院かどうか必ず確かめましょう。

 

HARG療法は民間療法ではなく認可が必要な医療技術で、医療機関でしか受けることができない医療行為に該当します。

 

既に世界でも高い評価を受け人気を集めているHARG療法は、国内だと日本医療毛髪再生研究会に認定された専門医しか治療を行うことが許されていません

 

HARG療法のピラミッドの頂点に君臨するHARG治療センターの他、東京都だと四谷ローズクリニック、美容新宿三丁目クリニック、銀座トキオクリニック、コスメディカルクリニックシンシア、赤坂AAクリニックなどが有名ですが、全国各地に認定クリニックが広まっています。

 

 
日本医療毛髪再生研究会から認定を受けているクリニックには、HARG療法のメカニズムをきちんと把握し、薄毛治療の為の育毛カクテルの調合、注入を行う技術力、知識を備えた専門医が在籍しています。

 

一方、認可、認定を受けていないのにHARG療法を導入しているモグリのクリニックは、たとえ医療機関だったとしても「まがいもの」ですから薄毛治療効果どころかいい加減な治療で逆効果になる可能性もあります。

 

毛髪再生医療は個人個人の頭皮の状態を見極めた上で、必要な成長因子の種類を判断し、ベスト比率でブレンドしなければなりません。スペシャリスト以外にとてもお任せできない施術です。

 

HARG治療の回数は何回受けると満足できる発毛レベルに?

読了までの目安時間:約 3分

HARG回数

HARGは何回、回数を重ねれば結果が出るのでしょうか?

 

HARG療法の施術回数、期間は個人差がありますが、通院するペースは大体2週間から1か月に1回、合計6回から10回程度を1クールとして通うことになります。

 

お試し治療ができるクリニックだと3回程度のセット価格で治療を受けられる可能性がありますが、その場合もあくまでもお試しでしかなく、真の治療効果を得る為には最低でも6回の治療が必要です。

 

また、HARG療法はAGA治療と同じように、治療効果が高い為治療をスタートして10日から1か月前後の期間に初期脱毛が引き起こされ、治療前よりも髪が薄くなったと感じる可能性があります。

 

 
治療直後に髪がいつもよりも抜けてしまうのは、発毛のスイッチが押され成長サイクルが加速した為、元々抜ける筈だった古い毛髪が新しい髪に押し出されてしまうからです。健康な髪が抜けているわけではありませんから、ご安心下さい。

 

中には初期脱毛が全く起こらない患者さんも少なくありませんが、いずれにしてもHARG療法は頭皮環境を整え、発毛、育毛を促して脱毛も抑制する4段階に渡ってHARG治療を進めていきます

 

その為に何回か回数を重ねる必要がありますから、どのクリニックでもフォローアップ治療、メンテナンス治療以外には1回だけ、2回だけ…なんて単独回数での治療を引き受けていません。

 

自分ではもう手の打ちようがないと薄毛の末期状態に陥ってからようやく受診する方も少なくありませんが、抜け毛の進行が著しい程復活までに時間がかかります。できるだけ薄毛の脱毛の早い段階でHARG療法を始めた方が施術回数も少なくて済みます。

 

HARGを低価格で受けたいならモニターを活用すべき!?

読了までの目安時間:約 3分

HARG低価格

HARGを低価格で受けたいならモニター応募も検討しましょう!モニターに応募して採用されれば、通常価格よりも大幅な割引価格で治療を受けることができます。

 

常にモニター価格を用意しているクリニックもあれば、不定期的に募集をかけるクリニックも。

 

いずれにしてもモニター治療はホームケア用品からフォローアップ用品まで含めてすべて無料で受けられることもありますし、低価格で受けられることは間違いありません。

 

ただしHARG療法のモニターに選ばれた患者さんは治療を受けた様子を写真、動画で撮影されたり、体験談を報告しなければなりません

 

名前などの個人情報を要求されることはほとんどありませんが、クリニックによっては顔写真も含めBefore&Afterの違いを公式サイトや広告に掲載するよう頼まれることもあります。

 

 
同じ広告写真掲載の条件でも、公式サイトだけで公開されるのか、テレビや雑誌、電車広告なども含まれるのか、露出の範囲は事前にきちんと確認しておきましょう。

 

HARG療法を受ける患者さんの大半は周囲に気づかれずに薄毛をどうにかしたいと考えています。価格は安くなっても顔写真が公開され、HARG療法を受けたことが周りに分かってしまうよりは正規料金で治療を受けたい、と考える患者さんも少なくありません。

 

頭皮だけの写真を公開するだけで治療費が70%オフ、なんて条件のモニターも少なくありませんが、応募すれば必ず採用されるとは限らない点はモニター価格のネックです。

 

クリニック側も宣伝に使いたいわけですから、ほとんど薄毛が目立たない方よりも明らかに脱毛が激しい方に治療を受けて貰いたいと考えるのも当然ですよね。

 

HARG治療の育毛成長因子の成分って凄いの?

読了までの目安時間:約 3分

HARG成長因子

HARGの成分は成長因子がメインです。発毛率99%と言う驚異的な数字を記録しているHARG療法では、個人個人のコンディションに合わせて頭皮改善、発毛、育毛、脱毛抑制と4段階に渡り多角的なアプローチが行われています

 

これまで薄毛に対しては色々なアイテムや育毛方法がありましたが、どの方法もHARG療法のように複数角度から総合的に働きかける機能性は期待できませんでした。

 

例えば育毛シャンプーは頭皮改善作用、育毛剤は育毛作用…と言う具合に1つの目的に照準が絞られている上、得られる結果も個人差が激しく、たとえ効果が得られたとしても値段の割に気休め程度の成果しか上げられないものばかりでした。

 

同じ医療機関で施術されるAGA治療も、脱毛抑制効果を狙っている薄毛治療法なのでHARG療法のようにしっかりと発毛のスイッチを押す働きは期待できません。

 

 
特に死滅しかかった毛母細胞からも発毛力を蘇らせる作用は、HARG療法の真髄である成長因子の恩恵です。発毛力を維持する力も強く、ミノキシジルのような副作用もありません。

 

HARG治療では各クリニックが患者さんの頭皮、毛髪の状態に合わせてオリジナル育毛カクテルのHARG液を調合されますが、使用される成分の成長因子は何種類もあります。

 

KGF(ケラチノサイト成長因子)、VEGF(血管内皮細胞成長因子)、PDGF(血小板由来成長因子)、Basic FGF(線維芽細胞成長因子)、TGF beta1(トランスフォーミング成長因子)、HGF(生体細胞成長因子)、SOD(活性酸素除去成分)等々…。

 

各種成長因子は薄毛治療の為に発揮する役割が違いますので、成分のブレンド比率によっても育毛の結果に大きな差が出ます。医師の技量の問われるところです。

 

スペシャルコースでしか貰えない非売品のHARGスプレーって凄いの?

読了までの目安時間:約 3分

HARGスプレー

HARGスプレーはHARG療法の生みの親である福岡医師が運営しているHARG治療センターで使われているホームケア用のオリジナルローションスプレーです。

 

HARG治療センターでは通常のHARG療法の他、福岡医師に「Dr.福岡スペシャルカクテル」を調合して貰えるスペシャルコースを受けることができますが、このコースに使われるのがHARGスプレーです。脱毛を抑制する作用を発揮する有効成分を治療後の地肌に塗り込むことで、HARG療法の発毛力を最大限に引き出すことが可能です。

 

成長因子もしっかり配合されているHARGスプレーは薄毛に悩む人間にとっては喉から手が出る程欲しいアイテムですが、今のところHARGスプレーは市販されていませんし、HARG治療センターでもHARGスプレーのみの販売は行っていません。

 

 
院長本人もこのHARGスプレーを使ってホームケアに励み、HARG療法で増やした髪を維持しているそうです。

 

特に男性は発毛治療後、男性ホルモンの影響で女性よりも増毛効果を実感するまでに時間がかかり、維持しにくい一面がありますが、HARGスプレーを使えばより効率的な薄毛治療が可能です。

 

コース契約者に対し、無料で処方を行っていますが治療後HARGスプレーを使ったホームケアだけでフサフサ状態を維持し、クリニックでのフォローアップ治療が必要ない患者さんも少なくありません。

 

HARGスプレーの他、HARGの発毛メカニズムを応用して開発されたHGスカルプシャンプー、HGアドバンスコンディショナー、HG育毛ローションなどのHGヘアケアシリーズ、毛髪医学で有効性が認められている成分が配合されている育毛サプリメントHGリライズ錠等々、ホームケア用品、フォローアップ用品が充実している点でも、HARG治療センターは評価されています。

 

HARGシャンプー「ヘアリバイタライジング」の毛髪再生効果とは?

読了までの目安時間:約 3分

HARGシャンプー

HARGシャンプー、HARGコンディショナー、HARGローション、そしてインナーケア用のHARGサプリメントをシリーズ使いして薄毛対策に励む男女が急増中です。

 

医療機関専用のHG薬用ドクターズヘアケアシリーズのHARGヘアリバイタライジングシャンプーは、ヘアリバイタライジングコンディショナー、ヘアリバイタライジングローション、HGリライズ錠と併用することで更なる相乗効果が期待できますが、男性、女性共に育毛効果が期待できる画期的な毛髪再生性リーズです。

 

頭皮の油汚れは毛穴を詰まらせて髪の成長を阻み、抜け毛を増やす原因になります。

 

 
HARGシャンプーはオイルコントロール作用に優れている為、余計な油分はしっかり洗浄し、必要な潤いは残して頭皮環境の正常化に役立ちます。

 

 

頭皮の毛穴が汚れていると育毛剤でケアしても逆効果になる可能性が強く、育毛剤の浸透率を高める為にも過剰な皮脂をスッキリさせる機能的なシャンプーが欠かせません。

 

海藻エキスやイチョウ葉エキス、クロレラエキスなど健やかな髪を育てる為の有効成分がたっぷり配合されていますが、ゲンチアナエキスも見逃せない成分です。

 

アルプスなど高山高地に生息するリンドウ科植物のゲンチアナの根本部分から抽出されるゲンチアナエキスは、保湿性、末梢血管刺激性、抗炎性に優れ、シャンプーや育毛剤にブレンドすることで極めて高い発毛促進効果、細胞賦活作用が発揮されます。

 

古くから漢方薬や薬酒の材料としても重宝されてきましたし、皮膚コンディショニング作用にも優れている為スキンケア用品にも活用されています。

 

HARGの育毛サプリメント「HGリライズ錠」が人気に?

読了までの目安時間:約 3分

HARGサプリ

HARGサプリメントHGリライズ錠は、髪の毛が薄くて悩んでいる女性の為に開発された医療機関専用のインナーケア製品です。

 

将来妊娠する可能性がある女性は経口摂取する成分が制限されます。AGA治療に使われるプロペシアも副作用が強い為、女性は服用が許されない服用薬です。

 

HARG、HGリライズ錠は男性、女性を対象にクリニックで臨床テストが実施されている安全性の高いサプリで、髪のハリやコシが気になる女性、髪が全体的にボリュームダウンしてしまっている女性、分け目がどんどん薄くなって目立ってしまっている女性の救世主となる筈です。

 

 

 
HGリライズの価格は1瓶60錠入りで約4,000円、1日2粒を目安に飲むので約1か月分の分量になりますが、毛周期を改善する為にも最低3か月は継続して飲み続けましょう。

 

気になる成分はクロレラやイチョウ葉エキス、亜鉛含有酵母、大豆ペプチド、ナツシロギクエキス、プラセンタ様物質、乾燥ローヤルゼリー、唐辛子エキス等々。

 

クロレラもイチョウ葉エキスも育毛剤によく配合されている成分で、経口摂取した場合も血流促進効果が高く、血液サラサラ効果も。唐辛子エキスも新陳代謝を促すのに最適な成分ですし、大豆や亜鉛、プラセンタ、ローヤルゼリーの育毛効果も既に有名です。

 

また、ナツシロギクエキスは元々関節炎や月経困難症に対する効能が知られていますが、古代ギリシャ時代から万病に効く薬として扱われていた程の実力の持ち主です。

 

日本の大学の研究チームによって有効成分パルテノライドの育毛効果が偶然発見されてから、現在は様々な育毛剤、育毛サプリメントが開発されています。
 

HARG治療による育毛の個人差は大きいの?

読了までの目安時間:約 3分

HARG個人差

HARGは個人差がある薄毛治療法ですが、確実性および持続性は抜群です。

 

育毛剤や育毛シャンプーなどのセルフケア対策は個人差どころか、かなり効き目が現れる場合でも多少抜け毛の本数が減るぐらいの効果しか期待できません。

 

個人差が全くない薄毛対策はカツラ、ウィッグぐらいしかありませんが、根本的な解決法ではありませんよね。

 

しかもフルウィッグだと全体的に不自然な仕上がりになる可能性が強く、部分ウィッグを使う場合にも自毛との差が違和感を与えてしまうのでパーフェクトな誤魔化し方とは言えません

 

人毛や自分の毛髪を使った高価なオーダーメイドウィッグも売れているようですが、所詮消耗品なので50万円以上するにも関わらず数年に一度くたびれてきた頃に新調しなければなりません。

 

そこまで大金を費やしているのに強い風が吹く度に慌てて頭を押さえなければなりませんし、「いつも同じ髪型だけどたまにはイメチェンしたら?? 」なんて無邪気な提案をされ返答に困ったり、色々苦労する場面が多そうです。

 

医薬品として認められている育毛剤はAGA治療やHARG療法のサポート、メンテナンスの為に使ってこそ活かすことができるのであって、単品で使用する限り劇的な育毛効果は得られません。

 

AGA治療は男性型脱毛症の方には効きますが、それでも発毛を促進する治療法ではなく抜け毛を食い止める治療法なので毛母細胞を復活させるようなプログラムではありません。

 

 
HARG療法は個人差こそありますが高確率で発毛が認められていますし、脱毛症の種類に関わらず治療可能です。

HARG治療の結果は2回目の治療で29%の育毛効果?

読了までの目安時間:約 2分

HARG結果

HARGは結果が出る薄毛治療方法です。抜け毛が増え、頭皮が透けて見える状態になり、髪型や分け目を変えたぐらいではとても誤魔化せない薄毛の方も、HARG治療で発毛、育毛に成功しています。

 

世の中には髪が多過ぎて困っている方もいらっしゃいますが、量が多い分には髪をすいたりストレートパーマ、縮毛矯正施術を受けたりしてまとまりやすくすることはできます。

 

一方薄毛は本当に深刻な問題で、性格まで消極的になってしまうことも珍しくありませんし、見た目年齢にも大きく影響します。

 

特に女性の薄毛はからかうこともできませんし、ディープな話題過ぎて本人も周りに相談できずに辛い思いをしているケースが大半です。

 

薄毛を冗談にしている男性は少なくありませんし、ある程度の年齢になればそこまで気にする問題ではなくなりますが、女性の場合何歳になっても自分の薄毛を笑い飛ばせる人は皆無と言えるでしょう。

 

その点、HARG療法は強い副作用の為女性が施術できないAGA治療とは異なり、女の人にも結果が出やすい薄毛治療方法です。

 

HARG療法のパイオニア、福岡ドクターの研究結果からも、平均的には2回目の治療で既に髪が29%も増加している(発毛効果がある)ことが科学的に認められましたし、女性限定のデータなら70%もの増加が確認できました。

 

また、AGA治療は男性型脱毛症に効果が限られる上、加齢が進む中高年以降、治療効果が出にくいデメリットも抱えていますが、HARG療法は今までウィッグを被っていた薄毛の66歳の女性にも増毛結果が得られた程、年齢や性別、脱毛症の種類を問わずに治療可能です。

 

HARG治療の期間は約6ヶ月程度で満足できる発毛レベルに?

読了までの目安時間:約 3分

HARG期間

HARG治療期間が長くなればなる程治療回数を重ねる必要があり、その分治療費も高額になります。

 

平均的には発毛効果を実感できる期間は治療をスタートして3〜4か月後、半年程度経つと髪のフサフサ感を楽しむことができます。

 

HARG療法は頭皮の発毛環境を整えることから着手し、毛髪を育てる土台をしっかり作ってから発毛、育毛を促す本格的な薄毛治療です。

 

細胞のターンオーバー、毛髪の毛周期を考慮しながら幹細胞の成長を見守らなければならないので、2週間から1か月に1度のペースで最初に集中的に計4〜8回の治療を行うことで真の育毛効果が発揮されます。

 

 
HARG療法をスタートした時点の頭皮、髪の状態によっても必要な通院頻度、回数には差が生じますが、大体半年から1年間かけてプログラムを終了するケースが一般的です。

 

結果がすぐに出ないことはHARG療法のデメリットとも言えますが、現時点でたった1回の施術で死滅しかかった毛母細胞を蘇らせ、発毛、育毛を促してキープし続ける夢のような薄毛治療法は存在しません

 

むしろ今まで何年、何十年と効くと評判の育毛剤、育毛サプリメント、育毛シャンプーやコンディショナーに毎月毎月大金を使ったあげく思うような結果を得られていない薄毛コンプレックスの方の大半は、HARG療法を受け「初めて投資するべき薄毛治療法に出会った!! 」と大満足しています。

 

これまでに薄毛対策に費やしてきた金額、月日をざっと計算してみて下さい。恐らくHARG療法を1クールでも2クールでも受けられる金額になる筈ですし、たった半年前後で結果が出ることに改めて驚きを覚える筈です。

 

よく読まれている人気記事
カテゴリー